IN THE HOUSE

中村獅童 × MASAH
IN THE HOUSE スペシャルインタビュー

-インスタでDMもらって友達になったんだよね(獅童)


MASAH(以下M)
僕たちの出会いはインスタだったんですよね。

獅童(以下S)
そうそう。
インスタ⾒てたら「⼦供が⽣まれました」っていうMASAHさんのポストが⽬に⼊って。ちょうどうちも⼦供が⽣まれたタイミングだったから、すごく親近感が湧いて、毎回⾒るようになって。

それでフォローして、いいね押すようになったらDM をもらって、友達になったんだよね。

M
今までは共通の友⼈でもいなければ発展しなかった関係が、SNSによってダイレクトに繋がれるようになりましたよね。いやでも、僕、若かりし頃、ミハラヤスヒロのショーで獅童くんを拝⾒してましたから!

-僕が仕事に集中出来る環境を妻が作ってくれてる(獅童)


M
僕たち⼆⼈とも男の⼦の⽗なんですけど。獅童くん、お⼦さんの服はどうされてますか?

S
⼦供の洋服は、妻と⼀緒に買いに⾏ったり、ファンの⽅にいただいたりしてるね。

M
よく落ち着いたらまた話しましょうとか、会いましょうってお話ししてるのに、落ち着いたらすぐ海外⾏かれるじゃないですか(笑)

S
そうそう(笑)だから海外のアウトレットで買うことは多いよ。ラルフローレンとかノースフェイスとかに⽇本で売ってないようなモデルがあったりするから。

M
家族といつも⼀緒ですよね!

S
うん。いつも⼀緒(笑)

でも、海外でロックT がたくさん売ってる店とかあるんだけど、そういう所は⼀⼈で⾏って選んでるよ。

M
育児ってどうですか?⼀緒にやってますか?仕事でお忙しいと思いますが。

S
育児に関しては、妻に頭が上がらないというか。僕、いいとこどりなんで。おしめ替えたり、⾷べたくない時に⾷べさせたりやってるのは妻だし、僕は⼦供が⼀番いい状態の時に帰ってきて遊ぶぐらい。⼤変なところはすべて妻だよね。

5 年くらい恋愛期間があるんだけど、その時から僕が舞台をやっているのを近くで⾒ていて⼤変なのを知ってくれているから、舞台の稽古が始まると僕に負担をかけちゃいけないと思うみたいで、⼦供のケアだけじゃなくて、僕のケアまでしてくれてる。

例えば、僕は毎⽇舞台に⽴たなきゃいけないから、⼦供が熱出したりすると「ちょっと今⽇帰ってこない⽅がいいからホテルに泊まった⽅がいいかも」とか。

今⽉なんかは新居がようやく完成して⼤掛かりな引っ越しもあったんだけど、僕、ほとんど何もしてないもんね。

歌舞伎って家族で⽀える伝統がある芸能で、休みもない。それを踏まえて、僕がいかに仕事に集中出来るかを考えて環境を作ってくれてる。だから妻にはものすごく感謝してるし、そうなると時間が空いた時には家族と⼀緒にいたいって、すごく⾃然にそうなってるよね。

M
プライベートでお付き合いさせていただいていて、それをすごく感じてました。

実はまさかのうち(今宿⿇美)もそうなんですよ。九州⼥・・・だからなのかは分かりませんけど(笑)キャリアでいうと今宿のが⻑いし、スタイリストとモデルっていう⽴場的にも向こうのほうが上なのに、僕の仕事を気遣ってくれる。

今って、ワンオペで⾟いという話もよく聞くじゃないですか。家事育児を奥さんが⼀⼈でやらなきゃいけなくて、旦那さんとぶつかって・・・っていう。

だけど僕らは奥さんたちが僕らの仕事を尊重して⽀えてくれてるから、仕事に集中できてるし、育児にも家事にも参加できてるんじゃないかなって感じます。

獅童くんの歌舞伎を⾒た時に、すごく影響受けたんですよ。あの演技ができるのは凄いエネルギーだし、裏で奥さんがそういう環境を作ってくれてるからなんだなって。

今⽇も陽喜くんが⼿⾜⼝病で撮影に参加できないってなって、奥さんから撮影前にLINE が来たんですよ。「主⼈に移らないといいんですけど」って。

⼥性だから育児をしろとか、男だから仕事しろっていうんじゃなくて。思いやりというか。育児も本当に⼤変じゃないですか。

S
本当に⼤変だと思う。お互いに⼤変なことが理解し合えているから、うまく分担できているんだと思う。だからこそ、できることはしてあげたいな。

-好きでもない奴が、お客様から切符代をとるなんて失礼なことないよね(獅童)


M
モデルやスタイリストも変わった仕事ですけど、歌舞伎はさらに違う次元じゃないですか。伝統があってしきたりがあって。それを奥さんはすぐに受け⼊れられたんですか?

S
着付けはお袋から教わったりしてたかな。うちの⺟は名物おっ⺟さんだったんだよ。「獅童ママ、獅童ママ」って呼ばれてて、ずっとサポートしてくれてたんだ。

でもそんなお袋が、ある⽇突然、⾵呂場で亡くなってしまった。そしたら、お袋がやっていたことを、周りの⼈たちが妻に教えてくれたんだよね。

舞台の後は⼤体家でご飯⾷べるんだけど、冷凍庫にお袋が⼊っていた⼿作りのシチューが⼊っていて、「これが最後のお袋の料理だね」って⼆⼈で泣きながら⾷べたんだよ。妻はお袋のことを好きでいてくれて、尊敬していてくれたから。だから「お⺟さんの後は、私がやらなきゃ」っていう気持ちになってくれたんじゃないかな。

今⾔われてみて、改めてびっくりしてるけど。突然お袋が亡くなって、僕は次々公演が決まったから、やるしかない状況だったっていうのもあっただろうけど、⾃然と何の違和感もなく溶け込んでいったように⾒えたよ。

M
アパレルで働いていた奥さんが、凄いスピードで歌舞伎界の仕事を覚えていった。5年とはいえ、当たり前に着物を着てシャンとした姿を僕も歌舞伎座で⾒ているので・・・すごいことですよね!

S
たまに話すんだけど、⼈⽣って何が起こるかわからないよねって。5年前までOLやっていた⼦が、歌舞伎役者の妻になるなんて。

M
そこに更に⼦供が⽣まれて・・・愚痴るとか爆発したりすることないんですか?うちの奥さんは結構ありますよ(笑)

S
⼥の⼈ってそういうもんだと思ってたし、僕も結構感情起伏が激しいんだけど。

うちの妻は明るくて、いつも冷静で、⼀度も⼤きい声出したりヒステリックになったりしたことがないんだよね。⼦供が⽣まれたら豹変して、いつか地獄みたいな⽇が来るのかもと覚悟してたんだけど(笑)⼦供が⽣まれてからも⼀度もないね。

M
ちょっと前にTV のドキュメンタリーで、獅童くんめっちゃ奥さんに怒ってましたよね(笑)

S
あれね〜(笑)TV 局の⼈ってすごく上⼿く編集するよね(笑)僕がすごく怒りっぽい⼈みたいになってたよね(笑)

M
でもその時に「怒るエネルギーが役者として⼤事。ってお⺟様がおっしゃってた。」とあって、獅童くんのあの演技は、お⺟様の影響が⼤きくあるんだなと思いました。

M
お⼦さんにはいずれ、歌舞伎の世界を⽬指して欲しいと思います?

S
そりゃ正直、我が⼦がやりたいって⾔ってくれたら嬉しいよね。それが伝統だし、受け継いでいく職業ってあるじゃないですか。ただ、本⼈が嫌だと思うことを無理やりやらせようと思わない。⼦供のうちに道筋を作ってあげることは親の責任だと思うけど、例えば思春期 になった時に洋服屋になりたいって⾔ったら、尊重してあげたい。

歌舞伎は好きじゃなきゃできないからね。

好きでもない奴が、お客様から切符代をとるなんてそんな失礼なことないよね。嫌いじゃ絶対にできない仕事だから、息⼦が好きになってくれたら嬉しい。

M
お⼦さんの教育について奥さんと話すことはありますか?

S
全然話さない(笑)

もっとくだらないことは、⾞に乗ってる時なんかに話すけど。例えば、妻は今から「息⼦の彼⼥の顔を⾒たくない」って⾔ってるよ(笑)もしさ、ロックの影響とかでさ、息⼦が全⾝タトゥーいれたいって⾔ったら、どう思う?

M
僕は、かっこよければいいんじゃないかとは思いますよ。⾒てくれがかっこいいとかじゃなくて、本当にロックなら。そこは突っ込んであげたいですけどね(笑)親であり、先輩でいたいなって思います。

-⽣⾝の⼈間から受ける感動は、デジタルじゃ絶対に味わえない(獅童)


M
いきなりですけど、不安とか不満とかありますか?

うちは⼦供の将来のことや、いろんなニュースについて話したりするんですけど。

S
不安とか・・・は特にないかなぁ。親の理想を押し付けないようにとは思ってるけど。

唯⼀の不安といえば、僕、結婚⼆回⽬でしょ。前の奥さんとの間にも⼦供がいるから、陽喜が⼤きくなる前にちゃんと⾃分の⼝から説明しなきゃいけない時がくると思うんだよ。

こういう仕事だから、⼈から⽿に⼊る前に話さなきゃいけない。その時に陽喜がどう思うかなって。がっかりされるような⽣き⽅はしたくないなって。「このお⽗さんが⾔うことだから。それでも僕はついていく。」って思ってもらえるような⽣き⽅をしたいなと思ってる。

M
今はネットが普及しすぎていて、昔だと⾒られなかった過去のニュースがいつでも⾒られるじゃないですか。

⾃分のことを叩かれるのはいいけど、そういうのを⽬にする⼦供たちがどんな気持ちになるのかなっていうのが⼼配です。

S
今の⼦供たちって、そういうのに免疫があるから意外と⼤丈夫なんじゃない?「有る事無い事⾔ってるな」とか、ちゃんと⾃分で判断できるようになるんじゃないかなって。家族の中に真実があれば、よそで何と⾔われようといいと思うよ。

僕なんて散々⾔われてるからね。「平成のプレイボーイ」とか(笑)「過去のことをなかったことにしてる」とか。そんなこといちいちメディアで話さないだけです!

上の息⼦には、妻と結婚する時にちゃんと会って、僕の⼝から話したよ。もしかしたら、彼は傷ついたかもしれないし、僕に対して複雑な気持ちがあるかもしれないけど、噂話や⼈から聞くよりも⾃分の⼝から話せてよかったなと思う。いつか、僕の⽣き⽅を少しでもわかってくれたらいいなと思う。

僕らみたいな職業だと、真実なんて近くにいる⼈にしかわからないんじゃないかな。

ネットの普及によって、瞬時に情報が広がるようになったからこそ、⼈とのふれあいや温もりがもっともっと⼤事になっていく時代が来ると思う。⽣⾝の⼈間から受ける感動は、デジタルじゃ絶対に味わえないから。

-家族といる時間は、最⾼の気分転換 (獅童)


M
息⼦さんとこれはやりたいってことあります?獅童くん、ハワイばっかり⾏ってますけど(笑)

S
40 歳過ぎてからの⼦供だから、体が動くうちにサーフィンとかサッカー、キャッチボールとか、スポーツ系をやりたいな。今は三役をやっていて⼣⽅には終わるから、できるだけ⼦供と⼀緒に過ごしたいなと思ってる。

家族といる時間は、最⾼の気分転換。歌舞伎の後のお⾵呂の時間はすごく⼤切で、僕はリラックスしたり、台詞覚えたり。だから新築している家はお⾵呂にこだわって、家族3 ⼈で⼊れるように⼤きくしたよ。

M
これでまたアレですよ。「⼤きいお⾵呂、⾃慢ですか?」ってコメントきますよ(笑)

S
そしたら「はい、⾃慢です!」って⾔うから⼤丈夫(笑)

M
対談第⼆回はご⾃宅訪問ですね(笑)

-歌舞伎を初めて⾒て、服を好きになった頃と同じような感覚があったんです(MASAH)


M
歌舞伎を初めて⾒た時、お客さんが⼦供から⼤⼈までいることにびっくりしたんです。

S
僕と知り合って初めて歌舞伎を⾒たんだよね。それこそ出会ってなかったら⼀⽣歌舞伎を⾒ることなかったかもしれないよね。

M
歌舞伎を初めて⾒て、服を好きになった頃と同じような感覚があったんです。洋服については知りたいことが年々減っていっていて、時代の流れとともにどんどん簡単に情報が⼿に⼊るようになっていたから。

でも歌舞伎には、それこそ「ちょんまげの部分の⻘さにはどんな意味があるのか」とか(笑)知りたい欲が出てきてすごく楽しかったです。

S
歌舞伎はお客様と⼀緒に成⻑できる伝統芸能なんだよ。だから世襲制って僕は反対じゃないんだよね。代々役者の成⻑を親⼦で楽しんで⾒守ってくれているお客様もいらっしゃるし。

M
わかります。僕は息⼦に⾒せてあげたいなとすごく思いました。

S
「⼦供が⼩さくてなかなか歌舞伎を⾒に⾏けないんです。」という声を頂いて、⼩さいお⼦様とも⼀緒に⾒に来られる『あらしのよるに』っていう公演を作ったんだ。⼦供たちが笑ったり、声出したりしても怒らないでくださいって、⾃由に⾒てくださいって。お陰様で⼤反響だったよ。

⼦供が出来てから、⾊んな⾒⽅が変わったよ。不幸なニュースや虐待についても捉え⽅がすごく変わった。

M
⼦供にこれだけはやめてほしいことはあります?

S
うーん・・・⼀つだけ⾔うとすれば、嘘つきにだけはなってほしくないかな。平気で嘘ついたり、⾃分の利益で⼈を傷つけたり。

それさえなければあとは⾃分の好きに⽣きればいいなと思ってる。

M
僕は、仲間には恵まれてほしいと思ってるんです。⾃分のことを振り返ってみても、⾃分で⾃分は作れないと思っているんで、ダメな時にはダメだって⾔ってくれる友達が⾃分を作ってくれるんじゃないかなって思ってます。

-いつか陽喜と⼀緒に舞台に⽴ってみたい(獅童)


S
友達ももちろんそうだけど、幼少期、親から与えられた影響が全てだと僕は思うよ。思想とか⽣き⽅とかさ。⾃分が病気をして死に直⾯した時に幼少期をすごく思い出して、辿っていったら⾃分の⼈格の根本はそこだなって。⼀概にそうとは⾔えないけど、悪いニュースなんかを⾒ると、いい家庭環境を作ってあげたいなって思うよ。

M
歌舞伎を辞めたいって思ったことないんですか?

S
あるよ。何度もある。思春期の頃とか。⽗親にもいつ辞めてもいいって⾔われてたし。でも辞めなかったってことは、好きだったんだろうね。やっぱり。あとはここで辞めたら負け⽝になる気がして、せめて⽗親がいない中でも主役を獲ってから辞めようみたいな気持ちでやってきたかな。「あなたの⽗親は歌舞伎役者やめちゃってるから主役は難しい」っていう夢も希望もない現実を突きつけられて、「いや、絶対乗り越えてみせる」「やっぱりダメかもしれない」って。若い頃はそういう葛藤があって、いつも⾃分との戦いだった。なんとかして⾃分の知名度を上げて、歌舞伎でも活躍すればいいんだと思って、映画『ピンポン』の役をオーディションから勝ち取っていった。

M
この先、プライベートでも仕事でもなんでも、やってみたいことあります?

S
正直、いつか陽喜と⼀緒に舞台に⽴ってみたいなっていうのはあるよね。親の理想を押し付けちゃいけないから、辞めたかったらいつでも辞めていいと思ってるけど。お陰様で今のところ『あらしのよるに』のDVD を毎⽇⾒たりしてるよ。

M
歌舞伎の格好してる時、パパだってわかるんですか?

S
歌舞伎の格好してる⼈はみんな僕だと思ってる(笑)

M
それじゃあ最後に。今、⼦供のアイテムで気になるものがあったら教えてください!「近々買ってやろう」って思ってるもの。

S
電動で動く乗れる外⾞!うちの息⼦⾞⼤好きなんだよね。でもスーパーカーじゃなくて、ゴミ収集⾞とか(笑)⾞の何が好きって、特にタイヤが⼤好きなんだよね。

M
「じゃあ⼀緒に⾞T シャツでも作りましょうか!」って⾔って締めようと思ったのに!⾞じゃなくてタイヤかぁ〜(笑)


中村獅童 – SHIDO NAKAMURA


歌舞伎俳優 1972年9月14日生まれ
祖父は昭和の名女形と謳われた三世中村時蔵、父はその三男・三喜雄。叔父に萬屋錦之介、中村嘉葎雄。8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏み、二代目中村獅童襲名。映画『ピンポン』(02/曽利文彦監督)のドラゴン役で映画デビュー。日本アカデミー賞ほか各新人賞5冠を受賞し、一躍注目を集める。その他の作品に、戦後六〇周年記念映画『男たちの大和』、ジェット・リーと共演した『SPIRIT』、ハリウッド進出初作品となるクリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』や日本人として唯一出演した『レッド・クリフ』などがある。歌舞伎のみならず、映画、舞台、TVドラマ、声優、ファッション、バンド活動などその活動は多岐にわたる

「八月南座超歌舞伎」8月2日(金)〜26日(月)


京都・南座にて上演中
チケットホン松竹:0570-000-489(10:00〜18:00)
お問い合わせ:075-561-1155(南座)

MASAH


2003年に三田真一氏より独立。EXILEなどのスタイリングを手掛け、藤原ヒロシ氏による「the POOL aoyama」ではファミリー企画「IN THE HOUSE 」をスタート、現在は伊勢丹で展開している。妻でモデルの今宿麻美と「SEASONING」のブランディングディレクションも行なっている。
Instagram @inthehouseofficial


撮影 / 神田 豊秀
ヘアメイク / masato at B.I.G.S. (marr)
取材・文 / 石川 明日香(TIAM)

関連記事

コンテンツTOPへ戻る